勤労者リハビリテーションセンター-理学療法室

概要担当医理学療法室作業療法室言語聴覚室

理学療法とは、病気やけがなどによって身体機能が低下した状態にある人に対して、日常生活動作能力の回復を図るために、様々な運動や温熱・電気治療などを合わせて行うことをいいます。 当院では以下のような疾患を主な対象としています。

  • 整形外科疾患(骨折、変形性関節症、脊髄損傷、肩関節疾患など)
  • 脳外科疾患(脳梗塞、脳出血、頭部外傷など)
  • 外科疾患(胸腹部手術前後の合併症予防、がん、血管の手術後など)
  • 心疾患(狭心症、心筋梗塞、心不全など)
  • 呼吸・内部疾患(慢性閉塞性疾患、肺炎、その他の内科的疾患など)

 入院や術後の早期から関わることで筋力や体力低下を予防し、日常生活動作の改善を図り、早期の自宅・社会復帰、更に生活の質の向上を目指します。勤労者の方々に対しては、職場環境や仕事内容に応じた支援を行い、職場復帰をサポートします。  また、病気や障害があっても、住み慣れた環境で自分らしく生活したいという思いを大切にし、地域の施設や多職種と共同した取り組みを行います。

>>LINK
労働者健康安全機構
勤労者リハビリテーションセンターページ