麻酔科-概要

概要医師一覧外来診療担当医診療内容

麻酔科は、主に中央手術室で手術中の麻酔管理を行っています。

年間手術件数2300例のうち、1900件近くを麻酔科が担当しています。
手術麻酔中は、(全身麻酔の場合)完全に意識がなくなり十分な呼吸ができなくなるので、この間の呼吸と循環を麻酔科医が各種モニタや人工呼吸器を用いて安全・確実に監視・維持します。
麻酔科の術前診察時に、手術麻酔中は常に患者さんの呼吸と循環動態を麻酔科医がそばで見守り、安全で質の高い麻酔の提供に努めている旨をご説明し、麻酔に対する不安を取り除いて安心して麻酔を受けていただけるよう努めています。

その他、患者さんの訴えを傾聴し、個々のご質問にお答えいたします。どのような些細なことでも気軽に尋ねられる雰囲気作りにこころがけております。