化学療法室

分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤などの登場によりがん治療は飛躍的な進歩を遂げ、生存期間の延長や症状緩和が図られています。同時に、在院日数の短縮、診療報酬の改定などの斜頸的背景、そして患者のQOL重視などによりがん化学療法は入院から外来へ移行しました。外来治療を継続しながら、社会生活を送られる方が増加している中で、現在、治療と両立支援に向け積極的に取り組んでいます。