災害医療

災害時医療体制については、宇部小野田医療圏における災害拠点病院に指定されており、関係行政機関及び地域医療機関と連携し、災害時の救護活動の中心的役割を担うこととしています。また、平成22年11月に災害派遣医療チ ー ム(DMAT ) を登録し、山口県DMAT指定病院に認定されています。DMAT隊は、災害時に多くの患者さんが運ばれる被災地の病院機能を維持、拡充するために、病院の指揮下に入り、医療行為を支援させて頂きます。また、今後発生が想定されている首都直下型、東海、東南海・南海地震などの震災で、多数の重症患者が発生した際に、平時の救急医療レベルを提供するため、被災地の外に被災者を搬送する広域医療搬送を行うなど、機動阻専門性を生かした多岐にわたる医療的支援を行います。

>>LINK
労働者健康安全機構
災害拠点病院ページ