整形外科-医師:藤 真太郎

概要医師一覧医師紹介外来診療担当医診療内容専門医研修プログラム

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本医師会認定産業医

膝関節の診療を行っています。扱う疾患は加齡や、たび重なる高負荷からくる変形性関節症のような慢性変性疾患、スポーツ外傷による靭帯損傷、半月板損傷など多岐にわたっています。 変形性膝関節症などの治療には主に人工関節や骨切り術を行っています。 スポーツ外傷に対しては関節鏡を駆使して靭帯の再建(作り直すこと)や半月板を可能な限り縫合しています。
ご高齡の方の膝の痛みを解決し、元の生活レベルに戻れることを目標にすることはもちろんですが、労災病院としては勤労者のかたに元の仕事に戻っていただくことも重要と考えています。そこで同じ疾患でも手術法を使い分けています。たとえば初期の変形性膝関節症の場合、 現場で高い負荷がかかる仕事に就かれている方には骨切り術を、 軽い負荷ですむオフィスワークが主な方には片側だけの人工関節を選択し、できるだけ仕事のスタイルを変えることなく、早期に復職できることを心がけています。 スポーツなどによる靭帯損傷については予想される負荷によって再建靭帯の材料を使い分けています。
治療方針を決めるための診療は患者さんへの詳しい問診、患者さんの体の診察、レントゲンやCT、MRIなどの画像診断の3つからなっています。私たちは画像のみから手術法を選択することはありません。問診から疾患の原因、現在の状態、そして生活スタイルなど重要なことを教えていただき、診察から診断を考え、最も適当と思われる治療法を患者さんと相談して決めていきます。そのため、単純に手術のみをおすすめする場合もあります。膝に問題をお持ちの方は、一度ご相談ください。