皮膚科-診療内容

概要外来診療担当医診療内容
全般

接触皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの湿疹病変、帯状疱疹や尋常性疣贅、白癬、伝染性膿痂疹、丹毒などの感染症、他に蕁麻疹、薬疹・中毒疹、乾癬、熱傷、脱毛症、皮膚腫瘍など、皮膚疾患全般。また、先天奇形、癌切除後の再形などの形成外科領域。

専門分野
乾癬

ステロイドやビタミンD3による外用治療の他、重症例ではレチノイドやシクロスポリンの内服などを行っています。また、生物学的製剤の治療について説明し、大学への紹介も行うことができます。

アトピー性皮膚炎

外用・内服治療に加えスキンケア、日常生活の指導などをきめ細かく行っています。

皮膚腫瘍

種々の皮膚腫瘍につき診断、治療を行っています。外来での小手術も行っていますが、必要時には大学病院への紹介を行います。