臨床研修プログラム

kenshu-1
kenshu-2
kenshu-3
臨床研修を希望の皆様へ

臨床研修を希望されるみなさまへ

臨床研修責任者

指導医:松原 淳

出身大学:山口大学 / 専門:糖尿病内分泌内科

臨床研修カリキュラム(研修計画)

1年目

消化器科、循環器科、糖尿病血液内科(計24週)、救急(12週(麻酔科4週含む))、産婦人科(4週)、精神科(4週)、外科(4週)、小児科(4週)

2年目

地域医療(4週)、選択科目は全診療科の中から選択する。外来研修については総合診療外来で実施する。

 

山口労災病院の臨床研修プログラムについて

理念と特徴

「勤労者や地域の皆様に患者さんの立場に立った質の高い医療を提供する」という病院理念のもと宇部・小野田保健医療圏宇の中核病院として、また労災病院として培ってきた勤労者医療を実現する病院としての医療機能を活用し、臨床研修医に対し、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学および医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、医師に要求される基本的臨床能力を修得させる。

基本方針(目標)

医師として、プライマリケアに対処しうる第1線の臨床医、或いは高度の専門医のいずれを目指すにも必要不可欠な診療に関する基本的な知識、技能及び態度の習得を目的とする。一般的目標は以下のとおりである。

  • 患者およびその家族への面接、問診、説明ができる。
  • 視診、触診、聴診などの理学的所見や神経学的所見をとる。
  • 自覚症状および理学的所見から検査計画をたてる。
  • 得られた検査結果を解釈し正しい診断にいたる。
  • 頻度の高い疾病の治療および単純な外傷などの初期治療ができる。
  • 適切な時期および方法で他科および専門医に紹介できる。
  • チーム医療を理解し関連職種との協調を保つ。
  • 保険医療に関する法規、医療保険制度、地域医療、予防医学について理解を深める。
  • 労災医療、勤労者医療、職業病、作業関連疾患についても学ぶ。
 

メールでのお問い合わせ

下記のメールアドレスに内容をご記入のうえ、送信して下さい。

yamaguchiRosai@yamaguchih.johas.go.jp