脳神経外科-診療内容

概要医師一覧外来診療担当医診療内容お知らせ

■概要に記載の対象疾患を中心に外科的および内科的治療を行っております。
■麻酔は、脳神経外科麻酔に習熟した麻酔医に依頼しております。

対象疾患

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳腫瘍、頭部外傷、水頭症、てんかんなど

全般

上記対象疾患に対する診断と当院で安全にできる範囲での入院診療を行います。
脳腫瘍やくも膜下出血、手術が必要な脳出血や重症頭部外傷、血管内治療が必要な重症脳梗塞などは山口大学附属病院と密に連携し適時適切な診療を行います。
また局所麻酔で可能な範囲の手術(慢性硬膜下血腫など)については可能な範囲で当院でも行います。
 入院診療では早い時点でリハビリテーションも行い、治療計画に基づき、以降の継続的なリハビリテーションが必要な患者様は回復期リハビリテーション病院群との連携を専門の医療ソーシャルワーカーがサポートし円滑な退院・転院の手続きを行います。

主な検査・医療機器

頭部CT、頭部MRI/MRA、脳波、頸部エコー、脳血流検査(SPECT)、脳血管撮影など

勤労者脳・循環器病センター

脳と心臓の血管の病気は共通するところが多<、勤労者のために脳神経外科と循環器科で共同して研究し、検討しながら予防医学の見地にたって診療にあたっています。

脳ドック

市民・勤労者の脳疾患の早期発見、特に脳卒中の防止のために火・木曜日に脳ドックを行っております。