糖尿病内分泌内科-診療内容

概要医師一覧外来診療担当医診療内容

発症直後の比較的軽症の糖尿病から、合併症を併発した糖尿病まで、幅広く診療しています。特に、2週間コースの教育入院や個々にあわせた適切な治療導入に力を入れており、毎日糖尿病教室を開いています。病気のことがよくわかるということで、患者さんから良い評判をいただいております。

合併症をもった進行した糖尿病については、紹介のあった場合、できるだけ早期に入院して頂き治療すると同時に、合併症がそれ以上進行しないように努めています。退院後は紹介元の先生に治療して頂きます。
最近、いろいろな新しい治療薬が市販されるようになり、その使用法や効果について、地域の方々に紹介させてもらっています。

甲状腺治療では、バセドウ病や甲状腺腫瘍などの検査、治療を行っていますが、腫瘍の場合、耳鼻科や外科と協力して手術を行います。
また、下垂体・副甲状腺・副腎など他の内分泌系疾患も幅広く診療しています。