中央リハビリテーション部-部門紹介

概要部門紹介実績

⊡理学療法

理学療法とは病気、外傷、加齢などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱などの物理的手段を用いて行われる治療です。入院後早期から関わる事で、低下した身体機能の回復を図り、生活に必要な座る・立つ・歩くなどの動作能力を高める事で早期の自宅・社会復帰、更に生活の質の向上を目指します。

 


⊡作業療法

作業療法とは様々な病気や外傷によって日常生活における行為(作業)が行えなくなった患者さんに対し、「作業活動」を用いて、家庭生活や社会生活への復帰を支援します。
*「作業活動」とは・・・身の回りの動作や仕事、余暇活動などの生活全般に関わる全ての活動の事を意味します。

 


⊡言語聴覚療法

病気や事故などが原因で、言葉によるコミュニケーションが難しくなってしまうことがあります。こういった患者さんに検査・評価を実施し、必要に応じてリハビリを行い、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう支援します。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。

 


⊡勤労者リハビリテーション

平成21年7月より新しい取り組みとして、職場訪問を始めました。労働災害被災者の患者さんで希望された方の職場に直接訪問し、企業担当者との面談や作業動作の確認などを行い、リハビリプログラムに反映させることで、早期職場復帰を積極的に支援します。平成29年3月までに65件の職場訪問を実施し、労働災害被災者の復職を支援しました。