トップ写真

HOME > 肝硬変患者さんへのお知らせとお願い

前のページへ戻る

肝硬変患者さんへのお知らせとお願い

当院は山口大学消化器病態内科学講座を中心に行われている「肝硬変患者の受診経緯と経過予後の関連に関する調査研究」の後ろ向き調査他施設共同研究に参加しております。
研究の目的:肝硬変患者に対する取り組みに焦点を当て、地域別の相違等の実情も踏まえ、専門医療機関の受診経緯やその後の定期受診の有無による肝硬変患者の病態の経過を検討することで、早期からの専門医療機関の介入の有用性や今後の肝硬変診療体制の在り方を検証し、今後の体制整備に役立てることを目的としています。
研究の方法:患者さんに改めて身体的・肉体的にご負担を強いるものではありません。個人が特定されないように匿名化され、プライバシーが完全に保護されたうえで、すでに行われた治療内容や治療経過についてのデータが集積され、統計学的に解析します。
期間:平成27年11月~平成30年3月
対象:平成18年~27年までに肝硬変として当院に受診された患者さん
ご不明な点などは、当院消化器内科 浦田洋平、戒能美雪までお問い合わせください。

本公告は、疫学研究に関する倫理指針に則って公開します。
平成27年11月6日

連絡先:山口労災病院 消化器内科
担当者:浦田洋平、戒能美雪

病院の理念と基本方針
患者さんの権利
看護部からのお知らせ