トップ写真

HOME > 診療のご案内 > 薬剤部

前のページへ戻る

薬剤部

薬剤部では安全かつ有効な薬物治療を支援するため、薬剤師が24時間体制で薬剤業務を行っています。

  • ○日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設
  • ○日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師制度研修施設
  • ○日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設

薬剤部の特徴

 当院は約90%を院外処方としており、薬剤部では入院されている患者さんの薬物療法支援に力を入れています。その内容として調剤や医薬品情報提供はもとより、薬剤管理指導などの病棟業務、抗がん剤の無菌調製、各種チームによるカンファレンスやラウンド、手術予定の患者さんに対する外来お薬調べなどを通じて、副作用の起きにくい安全で有効的な薬物療法が提供できるように努めています。また様々な専門資格を取得するための研修施設にも認定されており、学会発表、論文投稿、専門薬剤師取得など薬剤師としてのスキルアップが可能です。
 また薬剤部では医療安全(特に薬に係る安全)の確保を最重要項目としており、他部門と連携してシステムや運用方法の改善など、様々な取り組みを行っています。

薬剤部長 竹田克明

【保険薬局の方々へ】
●保険薬局の薬剤師が、在宅患者に対して訪問管理指導される場合は、下記規程に従って手続きをお願いします。

居宅療養管理指導、在宅患者訪問薬剤管理指導実施についての規定

業務内容の紹介

1)内用薬・外用薬・注射薬の調剤

 患者さんのお薬を医師の処方箋に基づいて、投与量、投与方法、薬の飲み合わせ(相互作用)、安定性などについて電子カルテからチェックを行い、個々の患者さんの状態に適したお薬が提供できるようにしています。また外来では、患者さんからの副作用情報をもとに、医師と相談の上で薬剤の禁忌登録を行い、同じ薬が処方されないようにしています。
 注射薬については、24時間アンプルピッカーを用いて、1施行1トレイで調剤を行っています。また配合変化や投与経路のチェックも行い、安全に点滴や注射が実施できるようにしています。
 特殊な使い方をする院内製剤については、倫理委員会を通じて精査したうえで登録を行い、調製しています。

ジェネリック医薬品の使用推進についてのお願い

2)手術前外来服用薬の調査

 安心して手術が受けられるように、患者さんの服用中のお薬(他病院の薬、市販薬、サプリメントも含む)を全て調査して、手術前に服用中止を考慮すべき薬剤をチェックし、医師と相談のもとで説明を行っています。
 現在、年間約1,300件の調査を行っています。
 更に周術期管理チームにも参加して、安心して手術が受けられるようにサポートを行っています。 


3)病棟業務

 当院では全病棟に薬剤師を配置し、入院患者さんに有効かつ安全な薬物治療ができるようにバックアップしています。
 病棟担当薬剤師は持参薬情報提供とその評価、薬物投与量の設計、患者さんへの服薬説明、副作用のモニタリングなどに携わっています。特に若手の薬剤師からベテランまで一定のスキルで病棟業務ができるように、独自で作成した病棟業務記録用シート、ハイリスク薬モニタリングシート、腎機能低下時の投与量調査ファイルなどを用いています。またDI担当と共に「病棟薬剤師カンファレンス」を定期的に行い、症例検討、薬剤の情報共有、院内で発生した副作用やインシデントの情報等の共有を行い、医療スタッフに対し、薬の適正使用に必要な情報を常時提供できるように検討を行っています。
 平成28年7月1日より病棟薬剤業務加算の算定を開始しました。


4)TDM(therapeutic drug monitoring)

 薬物血中濃度の測定は検査部または外注で行なっていますが、解析は薬剤部で行なうことにより、個々の患者さんにとって安全かつ効果的な投与量を設計し、医師に情報提供しています。特に入院患者さんの血中濃度測定結果の解析は、病棟担当薬剤師と連携して病気による体内での薬の動きの変化を予測し、最適な投与量、投与方法を医師に提案しています。







5)注射薬の調製(高カロリー輸液、抗がん剤)

 高カロリー輸液は積極的に既製品を採用していますが、患者さんの状態により使用できない場合は、薬剤部のクリーンベンチ内で無菌調製しています。
 また抗がん剤のミキシングは、投与量、検査値、薬歴、投与スケジュール等を調製直前まで何重にもチェックを行い、薬学的に評価を行ったうえで、安全キャビネット内で調製しています。また揮発性の高い抗がん剤については閉鎖性器具を用いて調剤し、プライミングも行っています。



6)医薬品情報業務(DI業務)

 院内・院外で発生している医薬品の効果や副作用の情報を、PMDAなどを通じて、いち早く収集し評価したうえで、電子カルテの掲示板に掲載、院内メールの配信、「薬剤部にゅーす」の配布など、様々な情報発信しています。特に「薬剤部にゅーす」は保険薬局にも配布しています。特に院内で発生した副作用の情報は、病棟担当薬剤師と連携して収集と一元管理を行っており、主治医と相談のもと医薬品医療機器総合機構(PMDA)への医薬品安全性情報の報告や副作用報告なども行っています。平成27年度は5件、平成28年度は2件の報告を行いました。

7)チーム医療への貢献

 糖尿病教室(2週間に1回)、ICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)、周術期管理チーム、がん薬物療法での活動、褥瘡回診への参加など、チーム医療の中で薬の専門家として活躍しています。

糖尿病教室

ICTラウンド

NSTラウンド

8)治験業務

 治験とは「くすりの候補」を用いて、国の承認を得るための成績を集める臨床試験です。治験の実施に際して「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)」に基づく厚生労働省が定めたGCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)を順守する必要があります。そこで当院薬剤部では、安全かつ円滑な治験が実施できるように、治験事務局としてサポートを行っています。

 ※資料等が必要な方は、下記の「治験審査委員会事務局」をクリックしてください。

治験審査委員会事務局

9)医療安全への取り組み
                     

 薬剤部では、院内で発生する薬剤関連インシデントを基に、医療安全管理室と連携してその対策を積極的に検討しています。また薬剤部内でシステムの変更など安全対策を行った結果をアセスメントし、医療安全報告会等で報告を行っています。更に医療安全委員会を通じて、全職員を対象とした医薬品安全管理のための院内研修会を行っています。平成28年度は7月6日、7月13日、9月7日の計3回実施しました。


    

10)薬学部学生の実習受け入れ

 薬学部学生の長期実務実習も積極的に受け入れており、新たな薬剤師が育つように、臨床教育にも力を入れています。




11)学会発表や論文投稿

 薬剤師がより専門性を活かした業務ができるように、臨床で経験した内容やデータをまとめて、毎年学会発表や論文投稿などを行い、専門資格取得に努めています。当院は医療薬学会認定薬剤師制度研修施設、日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師制度研修施設、日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設の認定を取得しています。



 

12)市民への健康講座の開催

 山口労災病院では、市民のための健康講座を開催しています。薬剤部では小野田薬剤師会にも御協力をいただき平成27年9月17日に「薬剤編」を開催し、医薬品を取り巻く現状、病院で使用する薬について、病院でもらった薬を安全に服用するために、と題して講演を行いました。患者さんから自宅での薬の管理についての質問もあり、活気のある講座となりました。

専門資格等

薬剤師数 14名、薬剤助手 1名(平成29年11月1日現在)

専門薬剤師等認定資格者数一覧
  • 日本医療薬学会指導薬剤師:1名
  • 日本医療薬学会認定薬剤師:2名
  • 日本医療薬学会認定がん専門薬剤師:1名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師:12名
  • 日本病院薬剤師会認定がん薬物療法認定薬剤師:1名
  • 日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師:1名
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師:1名
  • 日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士:1名
  • 国立健康栄養研究所認定栄養情報担当者:1名
  • 日本糖尿病療養指導士:2名
  • 日本医療情報学会医療情報技師:1名
  • 災害対策支援チーム(DMAT)隊員:1名
  • 日本薬剤師会研修センター認定実務実習指導薬剤師:3名
  • 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師:3名