トップ写真

HOME > 診療のご案内 > 各診療科のご案内 > 健康診断部

前のページへ戻る

健康診断部

診療科の特色

成人病検診

元気な時はつい忘れがちな健康です。多忙で、仕事の疲れかな、年のせいかなと感じながらもやり過ごしてしまうことが多いと思います。生活習慣病をご存じでしょうか。食事・運動・喫煙・飲酒などの習慣が、発病に関係する病気で、癌・糖尿病・高脂血症・脳卒中・高血圧・胃潰瘍などがあります。

健康診断で、生活習慣病の早期発見だけでなく、今のあなたのがらだの状態を把握し、わずかな異常があっても、生活改善をすれば健康は取り戻せます。どうぞ今一度、あなたの健康をチェックしてみませんか。

診療内容

全般

一般健診、成人検診、特定ケンシン、住民検診、日帰り人間ドック、1泊2日人間ドック、特殊検診(じん肺、振動障害、重金属、有機溶剤、アスベスト)などを行っています。

検査項目として、肝機能、腎機能、脂質、尿、上部消化管(内視鏡)、大腸(便潜血、内視鏡)、腹部超音波、心電図、胸部×線、乳癌(マンモグラフィー)、子宮癌、前立腺、聴力、肺機能、眼底などの検査があります。

くわしくは健康診断部にお問い合わせ下さい。なお1泊2日人間ドックの宿泊は、ナチュラルグリーンパークホテルと国際ホテル宇部で行なっています。

特殊治療
脳ドック

『脳ドックとは』の問いへの答えは、一般的に脳疾患、脳血管障害、痴呆などの早期発見に貢献し、予防医学として発展することが期待されているシステムと理解されているようです。脳血菅障害、いわゆる脳卒中は、脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血に分けられます。

わが国の脳卒中患者の受療率は年々増加する一方であり、1970年から1987年までに脳卒中の患者数は3.2倍に急増しています。この事実は、高齢化社会を控えたわが国の深刻さを表しています。

最近になり脳の検査は飛躍的に進歩し、非侵襲的(苦痛がない)、かつ簡単な検査が可能となってきました。そこで、脳疾患の予防としての脳ドックが注目を浴びるようになりました。当院でも超伝導1.5TのMRI(核磁気共鳴装置)装置を採用し、脳ドックにかなりの威力を発揮するものと考えております。脳疾患に対する転ばぬ先の杖として少しでも貢献できれば幸いです。

禁煙外来

たばこの煙にはた<さんの発がん物質が含まれており、肺がんをはじめいろいろのがんにかかる危険性を高めます。また、ニコチンと一酸化炭素は動脈硬化を促進し、虚血性心疾患や脳梗塞にかかりやすくします。

そこで当院では禁煙にチャレンジする人を対象に禁煙外来を開設しています。たばこの誘惑や離脱症状を乗り越えてチャレンジしましょう。

上記受診希望の方は医事課健診係まで御連絡下さい。

山口労災病院 0836-83-2881 内線3019

所属学会・専門医等

  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本医師会認定産業医

健康診断部


健康診断部長

佐々木 徹