トップ写真

HOME > 診療のご案内 > 各診療科のご案内 > 糖尿病内分泌内科

前のページへ戻る

糖尿病内分泌内科

診療科の特色

糖尿病と各種内分泌疾患の診療を行っています。毎日、外来診療と入院患者の診療を行っています。最も患者数が多いのが糖尿病です。糖尿病診療では、患者さんの生活習慣を改善する必要があり、そのためには患者教育が重要です。医師だけでな<、糖尿病グループの看護婦、栄養士、薬剤師、理学療法士が協力して教育に力を入れています。また、エビデンスに基づいた新しい薬物療法を積極的に取り入れています。

また、地域連携パスを用いた医療連携の促進に力を入れており、「パス外来」を行っています(毎週 月曜日)。

内分泌疾患で多いのは、バセドウ病や腫瘍などの甲状腺疾患ですが、甲状腺以外にも、脳下垂体、副腎疾患、副甲状腺などを扱っています。

診療内容

全般

発症直後の比較的軽症の糖尿病から、合併症を併発した糖尿病まで、幅広く診療しています。特に、2週間コースの教育入院やインスリン導入に力を入れており、毎日糖尿病教室を開いています。病気のことがよ<わかるということで、患者さんから良い評判をいただいております。

合併症をもった進行した糖尿病については、紹介のあった場合、できるだけ早期に入院して頂き治療すると同時に、合併症がそれ以上進行しないように努めています。退院後は紹介元の先生に治療して頂きます。
最近、いろいろな新しい治療薬が市販されるようになり、その使用法や効果について、地域の方々に紹介させてもらっています。

甲状腺治療では、バセドウ病や甲状腺腫瘍などの検査、治療を行っていますが、腫瘍の場合、耳鼻科や外科と協力して手術を行います。

専門分野

糖尿病、甲状腺疾患、脳下垂体疾患、副腎疾患、副甲状腺疾患、その他の内分泌疾患、その他の疾患

特殊治療

多職種職員による糖尿病教室、教育入院制

主な検査・医療機器

神経伝導速度測定、脈波伝達速度、甲状エコー(吸引細胞診)、甲状腺RI検査

主な治療例

糖尿病、甲状腺疾患、その他の内分泌疾患、その他の疾患

所属学会・専門医等

  • 日本内科学会総合内科専門医会
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科医学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会専門医

糖尿病内分泌内科



部長

松原 淳