トップ写真

産婦人科

診療科の特色

当院は、常勤医として男性医師(富士岡)1名を有し、一般婦人科のみならず、腫瘍、内分泌、及び不妊、更年期疾患など多岐にわたった疾患を対象とし、大学病院を中心とした他の医療機関と連携をとりながら診療を行っております。

診療内容

腫瘍

細胞診・コルポスコピーによる子宮頚部腫瘍(特に異型上皮~初期癌)の診断や、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの良性腫瘍の管理を行っております。

内分泌・不妊

排卵障害、卵巣機能不全、月経異常を中心に、挙児希望者のみならず、思春期の女性も対象に適切な治療・指導を行っております。

更年期外来

中高年婦人の抱える更年期障害や骨粗鬆症などには積極的にホルモン補充療法を行い、骨盤臓器脱に対しては保存的治療を行っております。

母乳外来

助産師が中心となって、母乳に関する指導を行っております。

その他

現在、当院での分娩の取り扱いは休止しております。

主な検査・医療機器

CT(3D-CTA)、MRl、MRA、S P E CT、エコー、ドップラー

産婦人科