トップ写真

HOME > 診療のご案内 > 各診療科のご案内 > リハビリテーション科

前のページへ戻る

リハビリテーション科

診療科の特色

昭和30年の開院から県内初の総合承認施設の認定を受けるなど、山口県のリハビリテーション医療の中心を担ってまいりました。豊富な経験を生かし、地域の医療・保健・福祉ネットワークの一員として活動しています。また、勤労者医療推進の立場から労働者の職場復帰支援や両立(治療と仕事の)支援、生活習慣病への対応も行っています。

リハビリテーション科の理念

地域包括ケアシステム・勤労医療・チーム医療の推進

リハビリテーション科の基本方針(平成28年 6月1日改訂)
  • 地域の関連医療機関・介護保険関連施設、行政との連携に積極的に参加します
  • 勤労者医療(職場復帰の支援、健康増進)を実践します
  • 急性期医療において、他職種との連携を重視したリハビリテーションを実施します
全般

平成29年度、新規でリハビリテーションを受けられた患者さんの診療科別割合です。

◎整形外科
・大腿骨近位部骨折 ・変形性股関節症 ・変形性膝関節症 ・膝靭帯、半月板損傷 ・四肢骨折・脊椎疾病
◎脳外科
・脳梗塞 ・脳出血
◎外科
・開胸 ・開腹術
◎内科
・肺炎 ・廃用症候群 ・糖尿病

入院早期からのリハビリテーションを行っています。又、地域医療支援型病院として、患者さんの立場に立ったリハビリテーション医療を提供できるよう日々努力するとともに、地域連携の一環として、「当院一地域医療機関」との継ぎ目のないリハビリテーションを目指した地域連携パス(大腿骨近位部骨折、脳卒中)の運用の行っております。

施設認定

日本リハビリテーション医学会卒後医師研修認定施設

リハビリテーション科が関わるクリニカルパス

リハビリテーション科が関わるクリニカルパスは人工股関節全置換術、人工膝関節全置換術、胃癌の術後、脊椎術後、椎弓切除術、椎弓形成術、固定術(前方/後方)などがあります。圏域の大腿骨近位部骨折地域連携パスでは地域の病院と連携し、当院から継ぎ目のないリハビリテーションを継続しています。

カンファレンス

各診療科の主治医と患者さんの治療方針、ゴール、入院期間などを協議する話し合い「カンファレンス」を行っています。また、必要に応じて個別のケースカンファレンスを行っています。各定期カンファレンスには下記のものがあります。

  • ○整形外科:毎週火曜日と木曜日朝、回診カンファレンスにて
  • ○外科:毎週水曜日朝、病棟カンファレンス室にて
  • ○脳神経外科:毎週金曜日朝、回診カンファレンスにて
  • ○循環器:毎週月曜日15時より病棟カンファレンス室にて
  • ○内科:毎月第4木曜日16時よりリハビリテーション室にて
ケースカンファレンス

治療方針、ゴール、入院期間についてより詳細な協議が必要な場合は、患者さんご本人、ご家族、リハビリテーション科医師、主治医、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、ケアマネージャーや地域のスタッフなどの各担当者により病棟にて適宜行っています。

平成22年3月5日財団法人日本医療機能評価機構から付加機能評価である『リハビリテーション機能』の認定を受けました。山口県内では初めてとなります。
当院は日本リハビリテーション医学会の研修指定病院に指定されています。

スタッフ紹介

専従医師はリハビリテーション科専任医師2名、兼任医師2名、理学療法士14名、作業療法士4名、言語聴覚士1名です。

診察室

  部長:富永 俊克(とみなが としかつ

昭和58年山口大学医学部卒業

リハビリテーション医学会専門医、指導医

日本整形外科学会専門医

日本脊椎脊髄外科学会認定指導医       

          日本職業災害医学会評議員

          日本医師会認定産業医

 障害者と高齢者に寄り添って障害を克服することを支援します。障害を持つ方々が活動的な生活を再獲得できるように、復職を念頭においてリハビリテーションを指向します。地域医療連携を推進するために努力します。
 最近は、痙縮の治療にボトックスやITBバクロフェン、痛みの治療にリリカ、オピオイドなどを使用しております。詳細については、お気軽にご相談下さい。


専任医師:山岡 康浩(やまおか やすひろ)
平成12年山口大学医学部卒業
日本整形外科学会専門医



兼任医師:古谷 泰浩(ふるたに やすひろ)
昭和62年山口大学医学部卒業
日本脳神経外科学会専門医


兼任医師:杉山 修一(すぎやま しゅういち)
平成4年山口大学医学部卒業
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中専門医


各部門紹介

理学療法室

理学療法とは、病気やけがなどによって身体機能が低下した状態にある人に対して、日常生活動作能力の回復を図るために、様々な運動や温熱・電気治療などを合わせて行うことをいいます。 当院では以下のような疾患を主な対象としています。

  • ○整形外科疾患(骨折、変形性関節症、脊髄損傷、肩関節疾患など)
  • ○脳外科疾患(脳梗塞、脳出血、頭部外傷など)
  • ○外科疾患(胸腹部手術前後の合併症予防、がん、血管の手術後など)
  • ○心疾患(狭心症、心筋梗塞、心不全など)
  • ○呼吸・内部疾患(慢性閉塞性疾患、肺炎、その他の内科的疾患など)
  •  入院や術後の早期から関わることで筋力や体力低下を予防し、日常生活動作の改善を図り、早期の自宅・社会復帰、更に生活の質の向上を目指します。勤労者の方々に対しては、職場環境や仕事内容に応じた支援を行い、職場復帰をサポートします。  また、病気や障害があっても、住み慣れた環境で自分らしく生活したいという思いを大切にし、地域の施設や多職種と共同した取り組みを行います。

    作業療法室

    作業療法では、様々な病気やケガによって日常生活における行為(作業)が行えなくなった患者さんに対し、「作業活動」を用いて、家庭生活や社会生活への復帰を支援します。

    ※「作業活動」とは・・・身の回りの動作や仕事、余暇活動などの生活全般に関わる全ての活動のこと。

    ■作業内容

    • ・機能回復を目的とした練習
    • ・食事、着替え、入浴、車の乗降などの日常生活動作練習
    • ・編み物やパズル等の作業を用いての心身機能面へのアプローチ
      (精神機能の低下予防や生活リズムの獲得・維持などを目的として行います)
    • ・退院に向けての在宅調整
      福祉用具(シャワーチェア、浴槽台など)の紹介・説明、家庭訪問(必要状況に応じて行っています)、家屋改修についての適切な助言・指導を行います。
    言語聴覚室

    病気や事故などが原因で、ことばによるコミュニケーションが難しくなってしまうことがあります。それは失語症、聴覚障害、声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。こういった患者さまに、検査・評価を実施し、必要に応じてリハビリを行い、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう支援します。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。VF検査やVE検査も耳鼻咽喉科と協力し実施しています。

    勤労者リハビリテーションセンター

    平成21年7月より新しい取り組みとして、職場訪問を始めました。労働災害被災者の患者さんで希望された万の職場に直接訪問し、企業担当者との面談や作業動作の確認などを行い、リハビリプログラムに反映させることで、早期職場復帰を積極的に支援します。平成29年度3件の職場訪問を実施しました。

    リハビリテーション科


    リハビリテーション科部長

    富永 俊克