トップ写真

血液内科

診療科の特色

患者さんのQOL(生活の質)を考えた丁寧な医療をモットーに、東野洋一部長(日本皿液学会認定専門医)が診療にあたります。

対象疾患の性質上、土曜日、日曜日も病棟回診をやっており、時々刻々変化する患者さんの病状に対してタイムリーな治療を行なっていると自負しております。

診療内容

全般

糖尿病、高血圧、内分泌疾患、各種感染症、不明熱、膠原病など。

専門分野

貧皿(鉄欠乏性貧皿、悪性貧血、再生不良性貧血、胃切除後貧血、自己免疫性溶血性貧血、発作性夜間血色素尿症)

悪性リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病、膠原病、その他。

特殊治療

■白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等血液悪性疾患に対する抗癌剤多剤併用療法。

■再生不良性貧血に対するATG療法(抗ヒトリンパ球馬血清)

主な検査・医療機器

検査;骨髄穿刺、骨髄生検、血液検査

設備;平成22年10月より無菌室2床が稼働しています。

所属学会・専門医等

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本血液学会指導医
  • 日本血液学会専門医

血液内科


血液内科部長

東野 洋一