トップ写真

形成外科

診療科の特色

 形成外科は、生まれつき、あるいは後天的に生じた体の形や色の醜状変化を対象として治療する 外科学の一分野です。おもに手術でこれらを形態的にも機能的にもより正常に近く再建することで、 患者さんの社会適応を容易にすることを目的にしています。扱う疾患は、外傷では顔面骨骨折を含 む顔面外傷や手指の外傷(切断指など)、熱傷や褥瘡などの難治性潰瘍を、先天性疾患では唇裂・口蓋裂や小耳症などの顔面の先天異常、多指症・合指症などの手足の先天異常、漏斗胸や副乳などの躯幹の先天異常を、良性腫瘍では母斑、血管腫などの皮膚腫瘍を治療しています。また、交通事故後や手術後に生じたケロイドなどの病的な傷跡の治療や、乳癌や頭頸部癌の切除術後に生じた組織欠損や変形に対する再建手術も担当します。これらの疾患の多くは、入院した上での治療が必要となりますので、入院が必要と判断した場合、当面は山口県立総合医療センターなどの形成外科専門医が常駐している医療機関に紹介させていただくことになると思います。
 外来での治療可能な疾患に関しては、早速当院で治療させていただきます。眼瞼下垂や睫毛内反 症などの眼瞼(まぶた)の手術、巻き爪や陥入爪に対する処置、皮膚腫瘍の単純な切除手術などは外来でも治療が可能ですので、是非当科を受診してみてください。なお、純粋な美容目的の重瞼手術(いわゆる二重瞼にする手術)や除皺手術(しわをなくす手術)などは、形成外科で扱う手術ではありますが、当院では対応できませんのでご了承ください。
 山口県では形成外科のある病院は少ないため、例えば陥入爪(巻き爪)で痛くて困っていても、受診するべき科もわからずにいる患者さん、乳房再建をしたくてもどうすればいいかわからない患者さんなど、いらっしゃるかもしれません。お心当たりがありましたら、是非形成外科に紹介、または受診して頂ければと思います。

形成外科


担当医師

村上 隆一

天野 信行