トップ写真

皮膚科

診療科の特色

皮膚科では、皮膚疾患全般について外来診療にあたっています。診療においては、病気について十分な説明を行い、納得して治療に臨んでいただけるよう心がけております。特に外用ステロイド剤を用いる場合は、よ<説明してステロイドの副作用についての誤った知識や不安を取り除<と同時に、病気の部位や症状に応じてステロイドの強さや使用回数をきめ細か<指導するようにしています。また、皮膚腫瘍についても切除などの外科的治療を中心に積極的に取り組んでいます。接触皮膚炎や薬疹では極力その原因を検索し、可能であれば取り除くよう努力しています。

外来診療のみ、毎週木曜日の午前に診療を行っています。

診療内容

全般

接触皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの湿疹病変、帯状疱疹や尋常性疣贅、白癬、伝染性膿痂疹、丹毒などの感染症、他に蕁麻疹、薬疹・中毒疹、乾癬、熱傷、脱毛症、皮膚腫瘍など、皮膚疾患全般。また、先天奇形、癌切除後の再形などの形成外科領域。

専門分野
乾癬

ステロイドやビタミンD3による外用治療の他、重症例ではレチノイドやシクロスポリンの内服などを行っています。また、生物学的製剤の治療について説明し、大学への紹介も行うことができます。

アトピー性皮膚炎

外用・内服治療に加えスキンケア、日常生活の指導などをきめ細かく行っています。

皮膚腫瘍

種々の皮膚腫瘍につき診断、治療を行っています。外来での小手術も行っていますが、必要時には大学病院への紹介を行います。

皮膚科