トップ写真

HOME > 診療のご案内 > 臨床工学室

前のページへ戻る

中央臨床工学部

概要

 臨床工学技士はメディカルスタッフの一員であり、医療の発展とともに進化してきた医療機器の専門家として、生命維持管理装置の操作・保守点検・整備を行っています。その他の機器についても保守管理を行い、安全な機器運用に貢献しています。また、病院内のスタッフが安全かつ正確に使用できるように勉強会の開催などが主な業務です。
 当院の中央臨床工学部には臨床工学部長1名、主任臨床工学技士1名、臨床工学技士2名(平成30年4月現在)の臨床工学技士4名が在籍しており、これらの業務を通して様々な診療科と連携して安全でより良い医療を目指しています。

業務内容

医療機器管理業務

 中央臨床工学部では、輸液ポンプ、シリンジポンプ、低圧持続吸引器、人工呼吸器、非侵襲的人工呼吸器、患者監視装置などの機器の保守点検と機器管理ソフトを用いた中央管理及び、それらに関する消耗品の払い出しを行い、安全で効率的な医療機器運用に貢献しています。
 手術室では手術が始まる前に麻酔器の始業点検を行い、使用頻度が高い手術機器に関しては月に1回の定期点検も行っています。
 さらに、平成19年4月に医療機器安全管理責任者に任命され、各スタッフの協力のもと、全部署の医療機器の点検・修理を指導又は管理も行っています。
 また、病院内のスタッフに対して様々な講習会を開催して、正しい使用方法の勉強会を行うことで安全な医療機器運営に貢献しています。


※主な管理医療機器

人工呼吸器・・・・・3台    生体情報モニター・・209台
搬送用人工呼吸器・・3台    除細動器・・・・・・12台
非侵襲的人工呼吸器・7台    麻酔器・・・・・・・6台
輸液ポンプ・・・・・100台   透析装置・・・・・・1台
シリンジポンプ・・・32台     補助体外循環装置・・1台
栄養ポンプ・・・・・1台    IABP・・・・・・・・1台
低圧持続吸引器・・・20台    神経機能検査装置・・1台
静脈血栓予防装置・・30台    その他、各診療科機器


 ※年間講習会件数・・・約100件(新人看護師講習会、人工呼吸器勉強講習会、医療ガス取扱講習会、除細動器講習会など)


人工呼吸器関連業務

 人工呼吸器を装着している患者さんがおられる場合は、1日1回以上は病室を訪問し安全かつ正常に作動しているかをチェックし、設定などについても他のスタッフと検討を行い、より良い呼吸管理ができることを目指しています。
 また、RCT(呼吸ケアチーム)に参加し人工呼吸器の専門家として活動しています。



手術室業務

 手術室では、自己血回収装置を術中に操作し輸血量の削減に貢献しています。そして血管の手術で使用する血管内超音波診断装置(IVUS)の操作も行っています。 また脊椎関連の手術の際に使用する神経機能検査装置の操作や、ペースメーカーを植え込んでいらっしゃる患者さんが手術を受けられる際には、術中に電気メスの使用による誤作動が起きないよう立会いをし、更に術前・術後のペースメーカーチェックも行い異常がないかの確認を行うことで安全な手術運営に貢献しています。

血液浄化関連業務

 血液浄化装置を用いて急性腎不全等に対しての持続的腎代替療法(CRRT)や難治性腹水症に対しての腹水濾過濃縮再静注法(CART)など、様々な血液浄化業務を行っています。


循環器関連業務

 心臓カテーテル検査室では、ポリグラフの操作(血管内圧測定、心房・心室内圧測定、心内心電図測定、心拍出量測定、冠血流予備比測定、心電図及び血圧の監視)を行っています。また、心臓電気生理学的検査に用いる診断用心臓電気刺激装置の操作や体外式ペースメーカーの操作、血管内超音波診断装置(IVUS)の操作、血管内光断層撮影装置(OCT)の装置も行っており、緊急時は大動脈内バルーンパンピング(IABP)や経皮的心肺補助装置(PCPS)の操作も行っています。
 また、ペースメーカー植え込み術では、プログラマーを用いて心内波や閾値等を測定し、ペースメーカーの設定や患者情報の入力も行っています。

消化器関連業務

 内視鏡室では、経皮的ラジオ波焼灼術の際、ラジオ波発生装置の操作を行っています。