病棟紹介

外来部門

救急病院として患者さんから信頼される看護を目指しています

救急告示病院として、救急専門医や救急看護認定看護師と共に根拠に基づいた看護実践を、フィジカルアセスメントを用いて日々展開しています。

糖尿病やがんで通院される方々へ、患者さんが主体的に治療と向き合うことができるように看護専門外来を通じて看護援助を行っています。



     

外来師長からひと言

外来では笑顔で患者さんをお迎えし、検査や治療など安心して受けていただけるように、医師を始め看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師など様々な職種がチーム医療で取り組んでいます。

     
診療科構成
  • 外来診療室 16診療科
  • 中央処置室
  • 化学療法等
  • 内視鏡室
  • 救急処置室
  • 健診センター

3階西病棟

チームワークの良い明るく楽しい病棟です

診療科構成は、産婦人科・小児科・整形外科・内科の53床の混合病棟です。生命誕生から各年齢層の主に女性の方々を対象としています。

安全で、真心を込めた看護の提供をスタッフ一丸となってこころがけています。産科では、アドバンス助産師※が中心となり、お産や育児をするお母さんやご家族に、寄り添う温かい看護を提供しています。また助産外来や、開設30余年の母乳外来などの専門外来の運営も行っており、地域の妊産婦さんにとって妊娠・出産・母乳育児をサポートできる力強い支援体制作りを目指しています。混合病棟の良さは、看護師・助産師として様々な専門性を獲得でき看護の視野を広げることができることです。

     

     

師長からひと言

安全な看護を提供するためには、コミュニケーションの良さが大切だと考えています。明るくやりがいのある環境づくりに努めています。女性ばかりの30余名のスタッフが、毎日元気に温かい心遣いで患者さんや家族の方々と関わっています。

新人からひと言

新生児から、ご高齢の方まで、接する事ができる病棟なので、とても勉強になります。プリセプターさんには何でも相談でき、楽しく働いています。

診療科構成
  • 産婦人科
  • 小児科
  • 内科
  • 整形外科
  • 眼科

4階西病棟

急性期の患者さんを積極的に受け入れ安全で質の高い看護の提供を目指しています

診療科構成は、循環器内科・脳神経外科・耳鼻咽喉科・整形外科の46床とHCU3床を有する混合病棟です。

急性期にある重症患者さんを多く受け入れていますが、患者さんに安心して入院生活を送っていただけるように、知識と技術に心を添えて自己研鑽に努めています。

     

◎主な疾患:
  • 心筋梗塞、心不全
  • 脳梗塞、脳出血
  • 睡眠時無呼吸症候群
◎スタッフ構成の特徴:

認定看護師(集中ケア、摂食・嚥下障害看護、救急看護)が活躍しており、若いスタッフが多い病棟です。

ココがアピールポイント!

病棟内での勉強会グループを作っています
それぞれの興味のある分野に応じた係を分担して、スタッフ自身の強みをのばしています。お互いの強みを活かしながらケアを実践しています。
他職種とのカンファレンスを積極的に行っています
医師、看護師、リハビリ技師、薬剤師、MSWなどで情報交換をして、役割分担をしています。お互いに信頼して、役割分担をすることで協力体制を作っています。
患者さんが本当に必要としている看護の提供を目指しています
自己満足ではなく、患者さんが本当に必要とする看護を考えています。

病棟師長からひと言

急性期からリハビリ期までの幅広い看護を、他職種と共にチーム一丸となり頑張っています。

新人からひと言

元気と笑顔が自慢です!!

診療科構成
  • 脳神経外科
  • 精神科
  • 循環器内科
  • 耳鼻咽喉科

4階東病棟

笑顔とチームワークが最高

診療科構成は、外科・消化器内科・整形外科49床の混合病棟です。

医師、看護師、薬剤師、リハビリ等多職種と連携を図りながら「安全」「安心」な医療をチーム一丸となって提供しています。また、急性期看護を行いながら、緩和ケアにもチームで取り組み、患者、家族を支援しています。

    

病棟師長からひと言

手術・内視鏡検査・化学療法・ターミナルケアと忙しい病棟ですが、他職種と連携し看護を提供しています。また、ワーク・ライフ・バランスを大切にし、仕事と私生活の調和を図り、スタッフは活き活きと働いています。

診療科構成
  • 外科
  • 消化器外科
  • 消化器内科

5階西病棟

チームワークは最高

診療科構成は、消化器内科・血液内科・内分泌内科からなる50床の病棟です。

主な治療として、内視鏡的治療や化学療法などを行っています。

患者さんが「安心」「安全な医療や看護を提供できるように、医師や薬剤師・栄養士・理学療法士等、多職種とも連携を図り支援を行っています。

またワークライフバランスも大切にしながら、スタッフが活き活きと働けて、専門職としてやりがいのある看護が提供できるように皆でがんばっています。

     

     

病棟師長からひと言

若いパワーとベテランの経験と知識を活かしながら、患者さんに笑顔で接することをモットーにしている病棟です。

診療科構成
  • 内科
  • 消化器内科

5階東病棟

患者様、スタッフともに明るくアットホームな病棟です

診療科構成は整形外科と泌尿器科で50床の混合病棟です。

主に手術患者を対象とした急性期病棟になります。入院患者様の高齢化に伴い、医師・看護師をはじめとして、他のコメディカルと連携して在宅復帰にむけて、適切な退院調整が提供できることを目指しています。

スタッフの年齢層は幅広く、男性看護師もおり個性豊かな明るい病棟です。

   

病棟師長からひと言

スタッフ間のコミュニケーションが良好である強みを生かし、声をかけやすい環境下で、職種間の連携を密に、安心・安全な医療の提供を心がけています。

診療科構成
  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • リハビリテーション科

6階西病棟

在宅復帰を全力でサポートします

診療科構成は、産科・小児科を除く診療科59床の混合病棟です。

急性期治療が終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには不安がある患者さんに対して、医療・看護・リハビリを行うことを目的とした病棟です。患者さんとご家族の要望を聞きながら、医師・看護師・リハビリの各セラピスト・栄養士・薬剤師・医療相談員などが、在宅復帰に向けた治療・支援を行い、安心して退院いただけるようサポートしています。


     

     

病棟師長からひと言

スタッフ間のチームワークは抜群で、笑顔のあふれる病棟です。在宅復帰に向けて、患者さんとご家族の精神的サポートを大切にしています。また、社会復帰に向けて共に考え、支援していけるよう取り組んでいます。

診療科構成
  • 整形外科
  • リハビリテーション科

手術室・中央材料室

よりよいチームワークで安全な手術を行っています

緊急手術を含め、年間約2,200件の手術を医師・麻酔科医師・看護師・助産師・放射線技師・臨床工学技士・薬剤師の多職種が協力してチームで担当しています。患者さんの体に負担の少ない最新の治療として、整形外科では脊椎内視鏡手術、外科では腹腔鏡下手術、カテーテル手術やレーザーを使った静脈瘤の手術などを行っています。

病棟師長からひと言

私たちは、患者さんが安心して手術に臨んで頂けるよう、手術前から関わらせていただいております。特に「術前外来」では患者さんが自宅待機中も不安なく準備をしていただけるようにお話をしたり、不安なお気持ちを聞かせていただいたりしています。どのようなことも安心してお話ください。

主な治療内容
手術全般:
整形外科・外科・脳神経外科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・循環器内科