トップ写真

HOME > 臨床研修・教育 > 山口労災病院の臨床研修プログラム

前のページへ戻る

山口労災病院の臨床研修プログラム

病院からのお知らせ

臨床研修を希望されるみなさまへ

臨床研修責任者

副院長/指導医:矢賀 健

出身大学:山口大学 / 専門:糖尿病内科

臨床研修カリキュラム(研修計画)
1年次
  • ○内科系(内科、消化器内科、循環器内科) 6ヶ月
  • ○救急 3ヶ月
  • ○選択必修又は選択 3ヶ月
2年次
  • ○地域医療 1ヶ月
  • ○必修選択又は選択 11ヶ月

山口労災病院の臨床研修プログラムの目的と特徴

目的

医師として、プライマリケアに対処しうる第1線の臨床医、或いは高度の専門医のいずれを目指すにも必要不可欠な診療に関する基本的な知識、技能及び態度の習得を目的とする。一般的目標は以下のとおりである。

  • ①患者およびその家族への面接、問診、説明ができる。
  • ②視診、触診、聴診などの理学的所見や神経学的所見をとる。
  • ③自覚症状および理学的所見から検査計画をたてる。
  • ④得られた検査結果を解釈し正しい診断にいたる。
  • ⑤頻度の高い疾病の治療および単純な外傷などの初期治療ができる。
  • ⑥適切な時期および方法で他科および専門医に紹介できる。
  • ⑦チーム医療を理解し関連職種との協調を保つ。
  • ⑧保険医療に関する法規、医療保険制度、地域医療、予防医学について理解を深める。
  • ⑨労災医療、勤労者医療、職業病、作業関連疾患についても学ぶ。
特徴
  • 1年目の内科は消化器内科、循環器内科、糖尿病・血液内科で各2ヶ月ずつ研修する。
  • 1年目の救急の研修は3ヶ月間行う。また、2年間を通して救急外来(当直)を行う。
  • 2年目に地域医療を1ヶ月研修する。
  • 2年の間に必修選択科である外科、小児科、産婦人科、精神科、麻酔科のうち2科を選択し最低1ヶ月ずつ研修する。
  • 上記以外期間は自由に研修科を選択できる。
  • ローテートする順番は、研修医が自由に組むことができる。

メールでのお問い合わせ

下記のメールアドレスに内容をご記入のうえ、送信して下さい。

yamaguchiRosai@yamaguchih.johas.go.jp

病院の理念と基本方針
患者さんの権利
看護部からのお知らせ