トップ写真

HOME > 山口労災病院について > 患者さんの権利

前のページへ戻る

患者さんの権利

患者さんの権利

  • 尊厳を重視した良質の医療を公平に受ける権利
  • 病気・診療内容の十分な説明を受け、理解・納得の上、検査や治療の選択・決定をする権利
  • セカンドオピニオンを受ける権利
  • 診療における個人情報の秘密が守られ、プライバシーが保護される権利
  • 診療録、診療情報の開示を求める権利
  • 希望・要望を医療者に自由に話す権利
  • 臨床研究・治験への参加、不参加を自由に選択する権利

第1回改定 2006年06月28日
第2回改定 2009年07月24日
第3回改定 2011年05月12日
第4回改定 2016年03月25日

患者さんと医療従事者とのパートナーシップについて

患者さんと医療従事者とのより良いパートナーシップを築き上げることが大切だと考えておりますので、医療への積極的な参加とご協力をご願い致します。

  • ひと間違いを防<ために、「お名前をおっしやって下さい。」または、「安全のために、お名前を確認致しますので、お名前をおっしやって下さい。」と医療行為ごとにお尋ねしますのでご協力をお願い致します。
  • インスリンや輸血を予定する患者さんには、確認カードをお渡しします。カードに記載<した方式で実施されない時には看護師に「まだですか?」「済みました」と言っていただき、忘れや重複実施の防止にご協力をお願い致します。
  • 癌患者さんにはご希望により、文献コピーをお渡ししますので、投与方法について疑念がありましたら、医師・看護師に申し付けいただければ幸いです。薬剤投与後、病状変化についての情報を医師にお伝え下さい。
  • 人及び薬剤の間違いを防<ために、静脈内点滴の輸液ボトルのお名前と薬剤名のご確認をお願い致します。
  • アレルギー歴と妊娠については積極的に医師・看護師にお伝えいただきますようお願い致します。
  • MRI検査の前に、体内の金属についての申告をお願い致します。
  • 「快適な入院生活を送っていただくために」をお読みになって、安心・安全な入院生活の一助にして頂くようお願い致します。
病院の理念と基本方針
看護部からのお知らせ