トップ写真

HOME > 山口労災病院について > 病院の概要

前のページへ戻る

病院の概要

労災病院は、労働災害や職業性疾病などを被られた方々に対して迅速かつ適切な診療を行い、速やかに社会復帰していただくとともに勤労者の万々の健康増進を図ることを使命とし、全国34カ所に設置されております。

山口労災病院は、昭和30年3月に内科、外科、整形外科の3診療科と病床数50床をもって開院し、その後、設備の充実、増床と診療科の増設を行い、現在では病床数313床、17診療科を有する総合病院として、急性期医療を担うと同時に、特殊健康診断からリハビリテーションやメンタルヘルスケアなど、予防から治療・社会復帰に至るまでの「勤労者医療」に幅広く取り組んでいます。

病院の特色

山口労災病院は、地域の中核病院として一般診療や急性期医療等救急医療に力を注いでいます。
脳卒中および心筋梗塞、急性期の拠点病院の指定を受けています。
また、糖尿病や生活習慣病、がん、小児・周産期医療にも力を入れています。
一方、業務上災害による被災労働者の迅速、適正な診療、特殊健康診断及び予防から診断・治療、社会復帰に至るまでの幅広い勤労者医療を実践しています。
さらに、宇部・小野田保健医療圏の災害拠点病院として県の指定を受けており災害時における救護活動に対応できるようにしています。
地域医療支援病院として「かかりつけ医」との連携で、地域住民に応えた医療も実施しています。

診療科目

内科(糖尿病内分泌内科・血液内科)/精神科/消化器内科/循環器内科/
小児科/外科/消化器外科/整形外科/脳神経外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/
耳鼻咽喉科/放射線科/麻酔科/リハビリテーション科/勤労者予防医療部(健康診断部)

連携室・相談室等
地域医療連携室

TEL(直)0836−84−0755 担当者 埴生・児玉・田辺

(代)0836−83−2881(内線)3016/FAX(直)0836−81−5007

E−mail:renkei@yamaguchih.rofuku.go.jp

医療福祉相談

TEL 0836−83−2881(内線)2657 MSW國弘、MSW河口

FAX 0836−84−5387

働く人の予防医療(治療就労両立支援部)

TEL 0836−83−2881

所在地

〒756-0095
山口県山陽小野田市大字小野田1315-4

TEL 0836-83-2881 FAX 0836-84-5387


入院

  • 病床数 313床
  • 特 室  5室(室料差額病室)
  • 個 室 28室(室料差額病室)
  • 準個室 24床(室料差額病室)

主な医療機器

  • MRI(磁気共鳴画像診断装置)
  • CT(コンピュータ断層診断装置)
  • RI(核医学検査、ガンマーカメラ)
  • 心臓血管撮影装置

政策医療

  • 勤労者リハビリテーションセンター
  • 勤労者脳・循環器センター
  • 勤労者メンタルヘルスセンター
病院の理念と基本方針
患者さんの権利
看護部からのお知らせ